オートロックのみでは完璧ではありません

賃貸物件の部屋探しの防犯と言われると初めに考えられるのはオートロックでしょう。居住者の許可がなければ家屋内に入ることができないのはもちろん、来客に関しても自室のドア前ということではなく、エントランスにおいて応じられるという点も手堅いです。しかしながらオートロックも完璧ではありません。居住者が往来するタイミングに応じれば楽に出入りできますし、転居がある時は一日エントランスを開けているマンションも見受けられます。オートロックにつきましては防犯面に役立つ一方で、完璧ではありません。その為、オートロックと共に安全性高くするポイントを理解することが重要になります。

電柱近くや上のフロアは気をつける必要があります

賃貸の物件を内見した際はバルコニーもチェックしましょう。こうした時気を付けてほしいのは、自分自身の部屋の近くに電信柱があるか否かです。2階以上でしたら空巣は侵入してこないとお考えの人が多いですが、実際の所2階、3階というような低層フロアもかなり狙われやすいです。電信柱がありますと、空巣はそこのところを上って部屋に到達可能です。バルコニーの前に電信柱がある物件は避けることが大切です。 加えて、一番上もリスクがあります。最上階につきましては地上サイドからの侵入がとても難しい代わり、屋上サイドからの侵入が簡単です。 物件を選択するときは最上階及び低層階を回避し、センターのあたりの階層をチョイスすると良いでしょう。あらためていうまでもなく、何階に居を構えても窓の施錠はきちんとするようにしましょう。 加えて、オートロックや、中層階の物件に住めたからといって、気を抜いてはいけません。 自分自身で窓に対して防犯フィルムを貼付する自衛もしましょう。

バスセンター前の賃貸なら人気が高いので要チェックです。利便性が高いために、毎日の通学や通勤が快適です。