機能性の叩き台になるコンビニ

店舗で商品販売を行うときにどのようなデザインにするかで悩んだら参考にしてみると良いのがコンビニです。機能性を重視した例として最もわかりやすく、店舗デザインをする上での叩き台として適しています。限られた狭いスペースの中に商品棚を人が交互通行できるぎりぎりの間隔で設置し、余すことなく商品を陳列しているのがコンビニの特徴です。入り口とレジを隣接させて、奥側から順に並ぶ形にして店内を一周回ったら会計をして速やかに出ていけるようになっています。このような店舗設計を行うことによって、気軽に立ち寄って速やかに必要なものだけを購入して出ていけるようにしているのがコンビニの特徴です。また、倉庫も直結する形にしてあるため、従業員があまり手間を掛けずに商品補充をできるようにしてあるのも特色と言えます。

コンビニとの違いを明確にしよう

商品販売をする店舗をデザインする上でコンビニが必ずしも理想形であるわけではありません。あくまで叩き台として違いを明確にしていくとデザインが次第に決まっていきます。もっとゆっくり店内で過ごして欲しいというのであればゆとりを持った商品棚の間隔にして圧迫感を減らすことが大切です。滞在時間を長くしたいと考えたらできるだけ店舗の外側の通路を回るように商品を陳列できるようにデザインするのが重要になります。レジの位置を少し奥まった場所にすると、帰りがけに買い忘れに気づいてもう少し買ってもらえる可能性も高まるでしょう。コンビニの魅力と問題点を考えてデザインに反映させると機能性の高い店舗を作り出せます。

店舗デザインは業務内容に適したデザインにすることが大切なので、プロのデザイナーに任せるのが無難な対処法です。その一方でデザイナーの感性が雰囲気の良し悪しを左右するので、慎重に判断する必要があります。